料理長のメッセージ

料理長の紹介


華の湯料理長
斎藤 正大

私たち日本人は元々、身近な自然の恵みをいただき、生産者に感謝してきました。最近では日本人の食文化がかわり、自給率も低下しています。「食べられること」があたりまえのようになり、食を通じて自然への感謝や人の絆を感じることも少なくなってしまいました。

「ふくしまの食の豊かさ」は、海、山、里の多様な食材と、母から娘へ、お姑さんからお嫁さんへ伝えられた食の技と味にあります。

私たちは会津、中通り、浜通りの特色のある食材を使い、季節のしつらえや習わしなどを大事にしながら、昔ながらの料理に何かを足したり引いたりしています。そして、一皿一皿をお客様に五感で味わっていただける料理を作っていきたいと、日々研鑽を重ねています。

これが私たちのおもてなしです。そしてお客さまにとって「一番のご馳走」となっていただけましたら幸いです。

これからもすべてに感謝する気持ちをもって料理をつくり続けてまいります。

食育活動

食べることは大事なこと。
食べなければ、走ることも遊ぶことも夢を叶えることもできません。

元気いっぱい、やさしさいっぱいの人に
育って欲しいという想いから、食育活動を行っております。

【活動内容】
出張授業/料理教室/産地見学/職場体験/給食へのメニュー提供 など
*平成26年度 福島県「食育実践サポーター」/平成27年度〜「福島県食育応援企業団」

ページのトップへ